会社
伝統 – 経験 – 進歩

シュッテグループ

伝統 – 経験 – 進歩

シュッテグループ

会社

伝統 – 経験 – 進歩

シュッテは世界で先端を行く工作機械のメーカーです。ケルンに拠点を置く当社の事業グループは、多軸自動盤や 5 軸 CNC 研削盤を製造しています。これらの製品は、複数の大陸にまたがる子会社ならびに販売・取引パートナーを通じて代理販売されています。

Alfred H. Schütte(シュッテ)は 1880 年に輸入会社として枢密顧問官 Alfred Heinrich Schütte(アルフレッド・ハインリヒ・シュッテ)によって設立されました。1915 年にはすでに、貿易業の枠を超えて工作機械の製造も始めました。これが、後に数多くの革新的な製品開発で頭角を現すようになった工作機械製作における成功の歴史の始まりでした。この同族会社はすでに 4 代目によって所有・経営され、事業を率いる経営者のカール・マーティン・ヴェルカーは創始者のひ孫にあたります。

「伝統 – 経験 – 進歩」は、シュッテの活動を定める哲学です。当社の事業グループのオーナー側と社員側の長いファミリーヒストリーを振り返ります。この伝統から得た経験を、当社の各人が実践に即して新しい世代に伝えています。つまり、当社の進歩は伝統と経験に基づいているのです。そして、すべてのお客様がその伝統、経験そして進歩を、製品の品質や革新技術という形で再確認することができます。そのための前提条件は常に、メーカーである当社がその進歩においてお客様と協力することです。

シュッテは、すべてのお客様がシュッテの工作機械から最大限の利益を得られるようにすることを当社の使命と考えています。市場の要求に応えることとお客様やサプライヤーとの継続的かつ戦略的な協力が、当社の企業方針のガイドラインです。製造とサービスは、あらゆるレベルにおける確固とした品質意識により支えられています。シュッテの成功は、何よりもまず社員の多大な努力と高度な専門知識によるものです。等しく重視する生態的、経済的、そして社会的な目標に向けての一貫した努力が、当社の事業グループの持続的な発展のための確固たる基盤を築きます。シュッテは今後も、世代交代しながら独立系同族会社としての地位をさらに強化しようとしています。

シュッテは世界で先端を行く工作機械のメーカーです

事業発展と製品開発におけるマイルストーン

「伝統経験進歩」は、シュッテの活動を定める哲学です。

事業発展と製品開発におけるマイルストーン
伝統 – 経験 – 進歩

最高の形に世界中の強力なネットワークでつなぐ

Alfred H. Schütte(シュッテ)の事業グループの世界的な販売網は多くの子会社によるものです。これらにより、ヨーロッパ内外の重要な市場をカバーしています。

最高の形に世界中の強力なネットワークでつなぐ